ハローワークで職探し

現在の職探しの方法はさまざまなものがありますが、ハローワークで職探しをする利点とは何でしょうか。ハローワークは「混んでいる」「時間がかかる」「暗い」というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。確かに、実際はローワークに行ってみてそう感じたという人もいるでしょう。

長い時間待たされたり、職員さんの態度があまり良くなかったり、民間のサービス業ではないので比べてしまったらけして良いとは言えないというのもうなずけます。大多数の人がハローワークはあまり明るく良い印象ではないと感じているのが現実です。

なんとなくですが、自分は大変なのになかなか親身になって考えてくれていないと感じてしまうこともあるでしょう。しかし、ハローワークはデメリットだけではありません。誰でも無料で職探しが出来るのです。職探しに費用がかからないのです。

ハローワークでは、パソコンでの検索の他に、自己分析の仕方や履歴書の書き方、面接の受け方など指導してくれますし、セミナーも無料で参加できるのです。どちらかといえば、地域密着型の求人が多く、自分の住んでいる地域の近辺で職探しができます。

もちろん県外の情報もあります。求人の年齢制限があまり厳しくなく、どちらかといえば幅広い層で募集をしている会社が多いので、応募しやすいのもメリットの一つです。しかし、通うのに不便な人、限られた台数しかないパソコンの順番待ちなどどちらかといえば時間がかかるのがハローワークの職探しです。そんな時は、ハローワークインターネットを利用してみてはいかがでしょう。自宅のパソコンで好きな時間に検索できますよ。

たまに、新聞広告の求人や求人雑誌にハロワークと全く同じ求人が掲載されていることもあります。ハローワークから紹介してもらうほうが気が楽かもしれません。このようなときは自分で連絡するよりも良いかもしれませんね。

職さがしの方法

ハローワーク以外にも職探しの方法として、いくつかの手段があります。公共機関だけでなく、民間の企業もたくさんの媒体を使って、お仕事情報を発信しています。それは、新聞広告や求人広告や人材会社、人材派遣会社、インターネットからの応募など様々な仕事探しがあります。

インターネットの求人サイトは、情報量が多く、地域、職種、雇用形態、給与、休日など、細かい条件から検索することもできます。履歴書や職務経歴書を郵送して結果を待つという、時間も日にちもかかる作業がありません。

ネット上では簡単な履歴書等のかわりにエントリーシートを送信することで、すぐに面接し、合格や不合格がわかるのも早いということです。そして、ネット上では、企業から自分あてにスカウトをしてもらえるシステムもあります。自分を知ってもらうために、履歴書などを企業に公開し(匿名でできます)、是非会いたいと思ってくれた企業側からのスカウトを受けるのです。もう一つは人材派遣会社での仕事探しです。

派遣会社はたくさんの数がありますから、自分に合った派遣会社を選び登録をし派遣スタッフとなります。そして求職者のスキルを考慮し、人材を求めている企業を紹介してくれます。スタッフと派遣先企業との間で合意すれば、派遣先会社と派遣会社との間に労働者派遣契約が結ばれ、それと同時に、派遣会社とスタッフとの間に雇用契約が結ばれることになります。このように職探しの方法はたくさんあります。自分のスタイルに一番合った方法を見つけることが職探しのポイントになると思います。

仕事探しのポイント

家族や周囲の期待がどんな形であろうとも、職探しを経て何の仕事につくかを最終的に決めるのは自分自身です。職探しの段階からすべて自分で決めていきましょう。周囲が親切でアドバイスをくれたり仕事を紹介してくれるひともありますが、いざ仕事をするのは自分であることを忘れないように。

仕事を選ぶ時には、これからの自分の時間を大部分割くことも考えて選択しなければなりません。何でも疑ってかかったり、警戒心をもって望むことはよいとはいいきれません。けれども、会社の人間関係や仕事の内容が自分に合っているものか、長く続けていけるところか、生活スタイルはどうなるかなどを注意深く考える必要があります。

一から仕事探しをやりなおしたりしないで済むよう、変に妥協せず納得して勤められる内容の仕事を探すことが大事です。仕事に何を求めるのか、何を優先して仕事に臨むのかを意識して仕事を探すことが肝要です。色々な仕事があり、色々な条件がありますが、一番優先したいのは場所か給与か時間か内容かなど、優先順位に基づいて希望を絞っていくのも方法です。自分で決めたことには自分で責任を持つ。

そうすれば、たとえ失敗したとしても後悔はしないでしょう。その時その時に後悔のない決断をしておけば、再挑戦の時もポジティブな思考で仕事を探すことができるでしょう。納得のいくよい結果が得られるよう、周囲のアドバイスや手に入る情報は大事にしましょう。一人で思い詰めていては方向性を見誤ることもあります。

スポンサードリンク